お金借りるならどこがいい?安心して借りるならやっぱり・・・

お金を借りる方法はいろいろです。

  • 親兄弟にお金を借りる
  • 友人知人からお金をりる
  • 銀行でお金を借りる
  • 消費者金融でお金を借りる

まず、親兄弟、友人知人は手っ取り早くお願いできますが、正直やめるべきです。

お金はデリケートな問題です。たとえ仲のいい友人でも返済がうまくいかないと関係を壊してしまいます。

親兄弟でも同じです。親兄弟なら甘えてしまいがちですが、周りを見ると疎遠になった親子、兄弟は結構いるものです。そうなる原因を作るのがお金の貸し借りなんです。

なので、銀行や消費者金融から借りるのが一番無難ですね。銀行や消費者金融のカードローンなら、無担保、無保証人で借りられるので、たとえ返済できなくなっても誰にも迷惑はかけません。

しかし、不動産を持っている場合は注意してください。無担保でも差し押さえのリスクはあります。

不動産なんか持ってない、という人ならカードローンがおススメです。

カードローンのいいところ

カードローンのいいところは、限度額内ならいつでも何度でもお金を借りられる、返済もできるという点です。

限度額はカードローン会社との契約で決まりますが、最初は人によりますが、10万〜50万になることが多いです。

給料日前に借りる

給料日前に金欠になる人も多いと思います。水道光熱費や携帯代など支払いが遅れると困るものはお金を借りてでも支払った方がいいです。そして、給料が出たら真っ先に返済します。真っ先に返済すれば、金利はその数日で済みますから大きな損にはなりません。

このように、借りるだけでなく返済も自由にできるのがカードローンの便利なところです。

ただ、給料が出てすぐ返済をすると、次の給料日にもまた足りなくなるでしょう。つまり、お金の出費がずれていきます。それはやはり健全なことではないので、いずれは解消したいですね。ボーなるが出るなら、そのタイミングで一度全部返済しちゃいましょう。ボーナスがない仕事だったら、少しでもいいので節約をすることです。

イベント事で借りる

冠婚葬祭など断ることが難しかったり急な出来事だったりするときは、カードローンは助かります。

返済できないとき借りる

これは裏技です。返済日に持ち金がないときもあるでしょう。それはそれで問題なのですが、もし借入れ金がまだ限度額に達していなければ、今月分の返済額分をATMで借りて、それをそのまま返済します。

例えば、今月1万円の返済が必要なのに、手持ちがない!

限度額は50万円でいま30万円借りているから、まだ20万円は借りれる。

コンビニに行って1万円を借りて、それをその場で1万円返済をする。

これで、返済はきちんとしたことになりますから、ブラックリストに載ったりはしません。

ただ、ここで注意したいのは、これを永遠と続けることはできないということです。

1万円を借りて1万円を返済したとき、プラスマイナスゼロではないのです。

返済金には、利息が含まれます。つまり1万円を返済したつもりでも、そのうち例えば1000円は利息です。よって、9000円しか返済したことにはなっていないのです。これを続けていると、つまり1000円ずつ借金が増えていくということになり、いずれは限度額いっぱいまで借りてそれ以上借りられないということになります。

だから、どこかのタイミングでまとめて返済をして借金をぐっと減らさないといけません。

限度額いっぱいになって返済ができなくなると、他から借りたりして自転車操業状態となり、いずれはまったく返済できず自己破産になる可能性もあります。注意しましょう!

カードローンの返済は忘れずに!

返済は毎月最低1回規定の金額以上の返済をすればOKです。お金に余裕があるときは、追加で返済した方が利息が減るのでおトクです。

毎月の返済が遅れると個人信用情報に記録され、他の会社のカードローンや住宅ローン等も借りられなくなるので注意しましょう。将来を考えて返済はきちんとしましょう。通常は、うっかりも含め、返済が遅れないように給与振込口座からの口座振替にするのが賢明です。

口座振替にすると家族にバレる?そんな人は自分専用の口座を作るか、それも無理なら絶対に返済を忘れないようにスケジュール管理をきちんとしましょう。カードローンの中には毎月返済日が近づくとメールでお知らせしてくれるサービスをしているところもあるので設定しておいた方がいいですね。


ページの先頭へ